期外収縮

心室性期外収縮(PVC、VPC)を読解できるようになる。注意すべきPVCは?

投稿日:2019年12月11日 更新日:

 

こんにちは。bob.channelです。

 

今日は心室性期外収縮について解説していきます。

心室性期外収縮はPVCやVPCとも呼ばれます。

では、さっそく始めましょう。

 

 

【不整脈別解説】

1.心室性期外収縮PVC、VPC)とは?

心室が本来のタイミングより早く動いた状態です。

(すなわち心房より早く心室が動いた状態)

心電図上で考えるとP波より先にQRS波が出た状態。

具体的にはP波よりも早期にQRS波が出て

QRS波が出てQRS波の幅が広い状態です。

 

 

心室性期外収縮の前に期外収縮とは?

ということをイメージできていない

よく分からないという方は

👉 実はこれも心房性期外収縮(PAC、APC)?基礎から応用まで

こちらで期外収縮とはなんぞや!を

イメージしてから読んでいただくと理解しやすいと思います。

 

①心室性期外収縮の心電図・ポイントは2つ

  1. P波がなく、QRS波が早期にでる
    ⇨洞結節からの刺激ではなく心室の刺激が先にでるためP波より先にQRS波がでる
    ✳︎逆伝導性P波がQRS波の後ろに出ることもあります
  2. QRS波の幅が広い(wide QRS)
    ⇨刺激が伝導速度の遅い固有心筋を伝導するためQRS波の幅が広くなる

この2点を意識して心電図をみてみましょう!

 

Ⅱ誘導心電図では心室性期外収縮が

心室の上部から発生しているのか

下部から発生しているのかまで読み取れます。

 

さらに、12誘導心電図では

心室性期外収縮が左脚ブロック型(右室起源)なのか

右脚ブロック型(左室起源)まで読み取れます。

 

ここまで勉強したいという方はハート先生の心電図セミナーという参考書にすさまじく分かり易く解説されてます。

興味ある方はこちら💁‍♂️

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハート先生の心電図セミナー 初級編 [ 市田聡 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2019/12/11時点)

 

 

②心室性期外収縮の症状、メカニズム

  • 血圧が低下することがある
    ⇨心室が早期に収縮することで心室の拡張期が短く心室内に血液がたまらず
    一回拍出量が低下するために血圧が低下する可能性がある
  • 脈拍欠損がおきる
    ⇨正常な場合は心拍数=脈拍数
    PVCの場合は心拍数≧脈拍数 となる場合がある
    (心室の拡張が不十分→心室に血液がたまらない→心臓からの拍出が不十分
    →動脈の拍動が弱い→脈拍数としてカウントされない)
  • 動悸を自覚する
    ⇨PVCのあとに休止期が長くなり心室内に血液が溜まりすぎ、
    心筋が進展し心収縮が強くなり動悸を自覚する

✳︎基本的に様子観察となることが多いですが

心筋梗塞など基礎疾患がある場合は治療が必要となる場合もあります。

 

③危険な心室性期外収縮は3つ

下記の3種類です。

  1. 多源性(多形性)PVCとは
    ⇨PVCの形が複数あるもの
  2. PVC連発とは
    ⇨3連発以上でVTとも呼ばれる
    致死的不整脈になりうる不整脈
  3. R on T型PVCとは
    ⇨PVCが前拍のT波に乗っかっている状態
    R on Tについてはあとで解説します

危険である理由は重症度からも分かります。

 

④心室性期外収縮の重症度分類・報告のタイミング

✳︎報告のタイミングは
Lown(ラウン)分類 Ⅲ以上を目安にする

I:PVC散発 <30回/時
II:PVC頻発 >30回/時
Ⅲ:多形性(多源性)PVC
Ⅳ:2連発以上のPVC
Ⅴ:R on T型PVC

Ⅲの多源性とは

→形の違うPVCが2つ以上ある状態

 

PVCの発生部位が2つ以上あるということは

→発生部位が多いということは

いつVT・VFが起きてもおかしくない

というサインと理解しましょう。

 

⑤最も危険なRonT型PVC/なぜRonT型PVCは危険なの?

PVC(心室性期外収縮)RonT型はPVCの一種です。

例えば、PVCには単源性PVC、

多源性PVCなどがあります。

 

その数あるPVCの中で最も危険性の高い種類がRonTです。

PVCの重症度判定に用いられるLown分類でも最重症は

RonT型PVCです。

 

まず不応期についての説明をします。

〔心室の絶対的不応期・相対的不応期について〕

不応期には絶対的不応期相対的不応期があります。

 

絶対的不応期とは、心室はどんな刺激にも

反応しない状態のことです。

 

相対的不応期とは、ほんとは反応したくないけど

刺激を受けると過剰に反応(VT、VF)

してしまう状態のことです。

 

【まとめ】

  • 心室性期外収縮とは、、、
    P波がなく、QRS波が早期にでて、
    QRS波の幅が広い(wide QRS)もの
  • 重症度のLown(ラウン)分類の
    Ⅲ以上が危険なPVCであり、報告のタイミングである
  • 分類Ⅲ以上の中でも最も危険なPVCはRonT型

 

 

以上、bob.channelでした〜

 

-期外収縮

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実はこれも心房性期外収縮(PAC、APC)?基礎から応用まで

  こんにちは。bob.channelです。   今日は心房性期外収縮について解説していきます。 心房性期外収縮はPACやAPCとも呼ばれます。   PACの種類も含め説 …